観光情報Tourist information

  1. トップ
  2. 春祭

春祭

はるまつり

  • 京丹後市

だんじり、神輿などが各地区で繰り出す。

開催期間

4月中旬

備考

新型コロナウイルス感染症の影響により、中止となる場合があります。

問い合わせ先

京丹後市観光公社久美浜町支部(久美浜町観光総合案内所内)  
TEL: 0772-82-1781

開催場所住所

京都府京丹後市久美浜町 各地区

交通機関

◆京都丹後鉄道宮豊線「久美浜」駅、または京都丹後鉄道宮豊線「小天橋」駅下車、各地区へ

Tourism Recommend

板わかめ

3月下旬~5月頃まで春の柔らかい天然のわかめを乾燥用の板の上に並べ、天日で干して「板わかめ」にする。そのまま食べたり、温かいご飯にふりかけたりして食べる。 

京丹後七姫めぐり

京丹後には7人の美女にまつわる伝説が語り継がれており、七姫ゆかりの神社や足跡を伝えるスポットが存在します。   京丹後七姫とは・静御前 網野町の磯に生まれた静御前は都でも指折りの白拍子として有名になり、神泉苑にて後白河法皇の命で雨・・・

このしろ寿司

鮗寿司(11月~3月)久美浜湾でとれた鮗(コハダ)の酢漬けのお腹に甘酸っぱく炒ったおからを詰めたもの。

かに料理

かに料理(11月~3月)11月6日のズワイガニ漁解禁日を迎えると京丹後市内の各宿泊施設では、カニを扱ったプランでお客様をおもてなしします。※料金は施設によって異なります。

間人ガニ(松葉ガニ)

11月6日~翌3月20日頃間人のカニ漁はわずか5隻の小型底曳網漁船で行われる伝統的な日帰り操業。鮮度がいいのはもちろん、厳しい選別をうけ、最高級と認められた希少なカニだけが「たいざがに」の文字と船名が刻印された緑色のタグを許されます。 

久美浜かき(牡蠣)

カキ料理(12月中旬~3月)プランクトンが豊富な久美浜湾で育った久美浜かきは肉厚で濃厚。うまみが増す冬、久美浜かきのフルコースやカニのコース料理の一品としてお楽しみください。

日切不動尊大祭

行基開山の真言宗の寺。日を切って願をかけるとご利益があるといわれ、多くの人が参拝されます。午前は不動堂前で紫燈大護摩供養が行われ、午後は住職の「花説法」が行われます。「もちまき」もあります。毎年4月1日に開催。「関西花の寺25ヵ所」第七・・・

奥丹後大震災を記念し、昭和4年3月にその教訓を後世に残そうと山上に震災記念館と記念塔が建てられた。その周辺には当時から桜の木が沢山植えられ、桜の名所となっている。

倉垣桜公園祭り

ソメイヨシノ、シダレザクラなど約35種類、1000本の桜が園内をうめつくす。また、自生のツツジ2,000株が同時に咲く。地元の桜守りによって大切に育てている。子どもの誕生、結婚などの記念植樹も受け付けている。

近隣の観光情報をもっと見る