観光情報Tourist information

  1. トップ
  2. 葵祭

葵祭

あおいまつり

 
  • 北区/ 上京区/ 左京区

10時30分 御所出発→11時40分 下鴨神社到着→14時20分 下鴨神社出発→15時30分 上賀茂神社到着
行列は斎王代など平安貴族そのままの姿で列を作り、御所から賀茂御祖(下鴨)神社と賀茂別雷(上賀茂)神社に向かう。
神殿の御簾をはじめ、御所車から牛車に至るまで葵の葉で飾ったことから「葵祭」と呼ばれるようになった。
京都三大祭の一つ。

開催期間

5. 15(金)

備考

雨天順延
有料観覧席のお問い合せ先
公益社団法人京都市観光協会
TEL.075-213-1717

問い合わせ先

公益社団法人京都市観光協会  
TEL: 075-213-1717

開催場所住所

京都府京都市

Tourism Recommend

紅葉

北野天満宮の境内西側には史跡御土居があり、10月下旬~12月上旬まで紅葉の季節にあわせて公開されます。御土居(おどい)とは、豊臣秀吉公が天正19年(1591)に京都の周囲に築いた土塁。北野天満宮の御土居は原型に最も近く、脇を流れる紙屋川の水面・・・

紅葉

枯山水の庭園「紫雲の庭」が紅葉で彩られる。広大な境内の紅葉も美しい。

紅葉

三門から法堂にかけて群生し、三門から見下ろせば、まるで赤い絨毯を敷き詰めたように見える。紅葉の先に法堂のたたずむ様子もすばらしい。

紅葉

山門をくぐり、石畳の参道を進むと両側に大きな楓樹の紅葉が鮮やかに広がる。綾なす紅葉の上、右手に三重塔が浮かぶ。

紅葉

近江商人・藤井彦四郎の邸宅として建てられた昭和初期の名建築。広大な庭園には小川が流れ、山裾の傾斜地を活かして、渡り廊下で繋がれた奥座敷「客殿」と洋館が建ち並ぶ。彦四郎自身が設計に関わりつくりあげた和洋折衷の風雅な建築美と、紅葉の庭園・・・

大福梅の授与

6月に境内で収穫し土用干しした梅の実がこの日から正月の「大福梅」として参拝者に授与(有料)されます。新年の祝膳に欠かせぬ縁起物として、多くの方が授かりに参詣されます。

御身拭式

毎月行っている午後からの写経会大殿法要の前に行われる。念仏の声が堂内に響き渡る中、清められた布にて法然上人の御影像に溜まった一年分の埃を拭う。 

写経会

毎月15日に行われる。(8月のみ25日)午前中に一枚起請文の写経と法話。午後からの大殿法要中に大念珠繰り有り。

相国寺 秋の特別拝観

相国寺は足利三代将軍義満が、後小松天皇の勅命を受け、明徳3年に完成した一大禅苑である。【拝観場所】法堂、方丈、開山堂

近隣の観光情報をもっと見る