観光情報Tourist information

  1. トップ
  2. 佐伯灯籠 人形浄瑠璃

佐伯灯籠 人形浄瑠璃

さえきどうろう にんぎょうじょうるり

 
  • 亀岡市

ひえ田野神社、御霊神社、河阿神社、若宮神社の4社が合同で行う盆行事。国の重要無形民俗文化財に指定されている。
貞観5年(862)京都御所からひえ田野神社に灯ろうが下賜されたのを祝い、五穀豊穣を願う地域のまつりとして始まった。
農作業の様子を表す人形が飾られた5基の灯籠がみこしとともに地域を練り歩き、境内には夜店が数多く立ち並ぶにぎやかな夏の夜の祭典で、浴衣姿の人達が大勢繰り出す。
「台灯籠」と呼ばれる移動式の小さな舞台では、背丈30cmほどの人形を操る浄瑠璃が演じられる。

開催期間

8. 14(金)

開催場所住所

京都府亀岡市ひえ田野町佐伯垣内亦1

施設連絡先

TEL: 0771-22-4549

開催場所地図

交通機関

◆JR嵯峨野線「亀岡」駅から京阪京都交通バスで約15分「国道佐伯」下車、徒歩約3分

駐車場

駐車場あり 
備考:(10台)

イベントのWEBサイト

http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/14/60/

Tourism Recommend

亀岡大踊り大会(中止)

丹波地方の代表的な伝統芸能である丹波音頭を中心に踊る大踊り大会。

穴太寺盂蘭盆精霊会

境内には多くの露店が並び、ほおずきを買って仏迎えをする人達で賑わう。亡き人々の御霊をお迎えする行事で、聖武天皇に始まって以来行われている。

亀岡平和祭保津川市民花火大会(中止)

大玉花火やスターマインなど、華麗な花火が夜空を彩る。亀岡市が昭和30年6月28日に平和都市を宣言し、恒久平和を祈念して実施。

大井神社花まつり

大井神社の夏祭りで、各町内から1.2mの大松を主体にした立花が奉納される。夜おそくまで露店が並びにぎやかに行われる。

そばの花

そば畑一面に白いかれんな花を咲かせる。花を見ながらそばも味わえる。

鮎・川魚

清流の女王として夏の川魚を代表する鮎。初夏の走りの背ごしから化粧塩も涼やかな塩焼き、甘露煮など、繊細な味わいを楽しませてくれます。

鮮やかな緑の葉と淡紅色の花が次々と咲く。他にも水鳥や水生植物が多く見られる。

オニバス

直径2mにもなる丸い葉と、直径4cmほどの赤紫の花をつける。京都府内唯一の自生地として知られる。(平の沢公園内)

彼岸花

田園が黄金色に色づくころ、あぜ道を真っ赤に染め上げるように咲き誇る。

近隣の観光情報をもっと見る