観光情報Tourist information

  1. トップ
  2. 西光寺六斎念仏踊り

西光寺六斎念仏踊り

さいこうじろくさいねんぶつおどり

  • 南丹市

お盆の頃に執り行われる。浴衣姿に鉦と太鼓という素朴な出で立ちで行われる。念仏で始まり念仏で終わるといわれ、前奏の「六鼓」、後奏の「花振」に分かれている。約280年前に始まったこの念仏踊り、戦後中断されていたが地元の人による六斎念仏保存会が結成され、昭和60年には、京都府無形文化財に指定された。

開催期間

8. 16(日)

開催場所住所

京都府南丹市八木町美里

施設連絡先

TEL: 0771-42-3417

開催場所地図

交通機関

◆JR嵯峨野線「吉富」駅下車、徒歩15分

駐車場

駐車場あり 
備考:(10台、無料)

Tourism Recommend

美山川あまご釣り

芦生の原生林から流れ出る由良川の渓流で、あまご釣りを楽しむことができます。

鮎料理

鮎料理

るり農園

丹波黒枝豆もぎ取り

るり渓観光農園

黒枝豆狩り、落花生(ピーナッツ)狩り

八幡神社例祭

本殿において笛、太鼓、笙などによる雅楽の奉納のあと、式典が執り行なわれる。旧知井村九ケ字の村社として応神天皇がまつられている。本殿は、京都府の文化財に指定されている。

摩気神社神幸祭

御輿・船阪御旅所での神事相撲・流鏑馬。「延喜式」神名帳にその名が見える神社で、承暦3年(1079)白河天皇の御幸があり「船井第一摩気神社」の額を下賜したと伝えられる。

からす田楽

ビンササラ4人、太鼓4人、笛1人で構成。ビンササラは足を揃えて前方に3歩とび、3歩下がってささらをする姿がカラスに似ていて滑稽である。五穀豊穣を願い、田を荒らすカラスを追い払うという意味がある。京都府の無形民俗文化財に指定されている。

川辺四社神幸祭

川辺地区の春日神社(高屋)、月読神社(船岡)、武尾神社(大戸)、若宮神社(越方)の四社の御輿が集まり、射礼と角刀の奉納が行われる。

田原のカッコスリ

素朴な歌にあわせて鼓をもった裃姿の男子が足をすりあわせながら4人の稚児の囲りを踊る。(府指定無形民俗文化財)

近隣の観光情報をもっと見る