観光情報Tourist information

  1. トップ
  2. 間人みなと祭

間人みなと祭

たいざみなとまつり

 
  • 京丹後市

港の船が一斉に点燈し、夜店が並び、花火を打ち上げる。
海の安全を祈る漁師の祭で、間人の港を舞台に、花火が夜空を焦がす。日中は梵天丸(宝船)のパレードもある。

開催期間

7. 25(土)

備考

小雨決行

問い合わせ先

間人みなと祭実行委員会(間人区事務所内)  
TEL: 0772-75-8040

開催場所住所

京都府京丹後市丹後町間人港

開催場所地図

交通機関

◆京都丹後鉄道宮豊線「峰山」駅、または京都丹後鉄道宮豊線「網野」駅から丹海バスで「間人」下車

Tourism Recommend

丹後震災記念展

昭和2年3月7日、北丹後地方を襲った大地震。記念展では、当時の遺品・写真・新聞記事など約150点が展示される。

板わかめ

3月下旬~5月頃まで春の柔らかい天然のわかめを乾燥用の板の上に並べ、天日で干して「板わかめ」にする。そのまま食べたり、温かいご飯にふりかけたりして食べる。 

斎宮初午祭

祈祷、「斎宮初牛祭」は稲荷神社を祀り、五穀豊穣、豊漁、商売繁盛を願います。 大絵馬奉納、竹馬競走などが行われ、露店が並ぶ。

このしろ寿司

鮗寿司(11月~3月)久美浜湾でとれた鮗(コハダ)の酢漬けのお腹に甘酸っぱく炒ったおからを詰めたもの。

かに料理

かに料理(11月~3月)11月6日のカニ漁解禁日を過ぎると京丹後市内の各宿泊施設では、カニを扱ったプランでお客様をおもてなしします。※料金は施設によって異なります。

間人ガニ(松葉ガニ)

11月6日~翌3月20日頃間人のカニ漁はわずか5隻の小型船で行われる伝統的な日帰り操業。鮮度がいいのはもちろん、厳しい選別をうけ、最高級と認められた希少なカニだけが「間人ブランド」である間人港と刻印された緑色のタグを許されます。 

カキ料理

カキ料理(12月中旬~3月)プランクトンが豊富な久美浜湾で育ったカキは肉厚で濃厚。うまみが増す冬、カキのフルコースやカニのコース料理の一品としてお楽しみください。

日切不動尊大祭

行基開山の真言宗の寺。日を切って願をかけるとご利益があるといわれ、多くの人が参拝されます。午前は不動堂前で紫燈大護摩供養が行われ、午後は住職の「花説法」が行われます。「もちまき」もあります。毎年4月1日に開催。「関西花の寺25ヵ所」第七・・・

奥丹後大震災を記念し、昭和4年3月にその教訓を後世に残そうと山上に震災記念館と記念塔が建てられた。その周辺には当時から桜の木が沢山植えられ、桜の名所となっている。

近隣の観光情報をもっと見る