観光情報Tourist information

  1. トップ
  2. 沙羅の花を愛でる会

沙羅の花を愛でる会

さらのはなをめでるかい

  • 右京区

本堂前庭には十数本の沙羅の木があり、梅雨の季節に白い花を咲かせる。15日には花供養とお香を聞く会も有り。

開催期間

6. 15(土)~6. 30(日)

開催時間・営業時間

9時30分~16時

参加費

会費 1,600円(抹茶付)   
   5,950円(抹茶と精進料理付)

備考

22日には夜の特別公開として横笛の演奏と精進料理付き「沙羅の夕べ」も予定されています(要予約・会費8,000円)

開催場所住所

京都府京都市右京区花園妙心寺町59

施設連絡先

TEL: 075-463-1334

開催場所地図

交通機関

◆市バス「妙心寺前」下車、徒歩5分
◆JR嵯峨野線「花園」駅下車、徒歩8分
◆市バス「妙心寺北門前」下車、徒歩10分

車椅子対応

不可 
備考:車椅子不可
車椅子対応トイレ無し

Tourism Recommend

嵯峨野の秋、門をくぐると萩の花道。

フラワーパーク・コスモス園開園

嵐山-高雄パークウエイに「フラワーパーク・コスモス園」が開園します。5,000㎡の敷地内にある山の斜面で、色とりどりの花々が咲きそろいます。

嵐山の鵜飼

かがり火の中、古式漁法の鵜飼の見物ができる。また、屋形船の中で料理をいただくこともできる。

仁和寺霊宝館秋季名宝展

阿弥陀三尊像ほか展示。

清凉寺霊宝館秋期特別公開

阿弥陀三尊像(国宝)、本尊釈迦如来像胎内納品(国宝)ほか。

秋季名宝展

大覚寺本尊である平安時代後期の仏師明円作「五大明王像(重文)」や愛染明王像など、寺の歴史と文化を知る上で貴重な宝物が公開されます。

天龍寺塔頭弘源寺秋の特別拝観

細川家ゆかりの本堂から見る嵐山の景観は絶品。寺宝・美術品の鑑賞。国指定重要文化財「毘沙門天立像」・枯山水庭園「虎嘯の庭」、竹内栖鳳とその一門の日本画・幕末の柱に残る「刀傷」

天龍寺塔頭宝厳院秋の特別拝観

獅子吼の庭(ししくのにわ)は、江戸時代の「都林泉名勝図会」に紹介された洛西の名園中の名園です。

梵燈のあかりに親しむ会

沙羅の木の庭で知られる東林院。手作りの瓦製梵燈(ぼんとう)や古瓦の上に約600本のろうそくがともり、その光が白砂や苔の庭をほのかに照らし出し、その光が静かに揺らめきます。

近隣の観光情報をもっと見る