観光情報Tourist information

  1. トップ
  2. 冨田屋 非公開文化財町家の大将さん

冨田屋 非公開文化財町家の大将さん

  • 上京区

5月5日は端午の節句、男の子の無事の成長を祈るお祭りです。
西陣では、「大将さん」のお祭りと呼ばれ、武者人形やかぶとを飾ってお祝いをします。冨田屋でも、武者人形とかぶとを飾ってお祝いをしてきました。代々伝わる精悍な武者人形は一見の価値ありです。
内容:「町家体験」+「しきたりのお話」+「祝い弁当」

開催期間

4. 5(日)~5. 31(日)

開催時間・営業時間

11時~13時

参加費

会費 10,000円(税別)

備考

要予約(受付は2名様から)

開催場所住所

京都府京都市上京区大宮通一条上ル

施設連絡先

TEL: 075-432-6701  
FAX: 075-432-6702

開催場所地図

交通機関

◆市バス「一条戻橋・晴明神社前」下車
◆市バス「今出川大宮」下車

駐車場

駐車場あり 
備考:(大型バス対応のみ)

イベントのWEBサイト

http://www.tondaya.co.jp/

Tourism Recommend

第55回上京薪能

市民の薪能として、一部では各社中による舞囃子などの発表、二部では筝、仕舞、舞囃子、狂言、能などが演じられます。

萩まつり

境内には約500株の萩があり、虫籠に鈴虫を入れて神前に奉納。萩の枝には訪れた人々の献句の短冊が吊され、拝殿で狂言、舞踊、琴の演奏などがあります。期間中、お茶席も設けられます。

晴明神社晴明祭

祭神は平安中期の天文学者であり、陰陽師の安倍晴明。今日の日常生活の基準となる、暦術・年中行事・占法などを定めた陰陽道の祖として有名。

相国寺 秋の特別拝観

相国寺は足利三代将軍義満が、後小松天皇の勅命を受け、明徳3年に完成した一大禅苑である。【拝観場所】法堂、方丈、開山堂

冨田屋 夏のしつらえ

伏見の両替商であった冨田屋が西陣に移転し、呉服商として商い始めたのは明治初期。平成11年には国の登録有形文化財の指定を受け、それを機に予約開放されるようになった。京の町家の衣替え。襖は簾にして風通しよく畳にはあじろを敷いて。内容:「町・・・

ずいき祭

実りの秋にふさわしい豊穣を喜び感謝する祭典。1日と4日には、二基の鳳輦と葱華輦が氏子区内を巡行します。また、西ノ京の神人により、ずいき御輿という野菜、乾物などで趣向をこらした絢燗華美な御輿が御旅所に奉られ、10月4日に巡行します。

温習会

上方唄や長唄を井上流の舞で披露します。

上七軒歌舞会 新元号記念「寿会(ことぶきかい)」

京都最古の花街、上七軒の芸妓、舞妓の日頃の稽古の成果を発表する温習会。今年の幕開けは厳かに御祝儀『雛鶴三番叟』にて御代替りを祝し、次に移りゆく日本の四季を現す『雪月花』、豪快な舞踊で魅せる『獅子の乱曲』。そしてお酒とお餅が対立し大根・・・

冨田屋 重陽の節句

9月9日は重陽の節句、別名「菊の節句」と言います。菊酒を飲んで家族の長寿や一家の繁栄を祈る行事です。内容:「町家見学」+「しきたり・重陽の節句のお話」+「お食事」定員:60名(予約は2名以上)

近隣の観光情報をもっと見る