観光情報Tourist information

  1. トップ
  2. 精大明神例祭

精大明神例祭

  • 上京区

技能芸能上達の神様で、例祭日は蹴鞠神事が行われ、七夕小町をどり、織姫舞も奉納されます。少女たちは、元禄時代を彷彿させるきらびやかな装束を身にまとい踊ります。

開催期間

7. 7(火)

備考

雨天決行

開催場所住所

京都府京都市上京区今出川通り堀川東入飛鳥井町261

施設連絡先

TEL: 075-441-3810

開催場所地図

交通機関

◆市バス「堀川今出川」下車

Tourism Recommend

お精霊(しょらい)迎え・送り

先祖の霊を迎え供養する盂蘭盆行事です。

精霊迎えと六道まいり

精霊を迎え、16日に送ります。本尊釈迦如来坐像のご開帳があります。

冨田屋 西陣町家の盂蘭盆会

西陣のお盆は、お精霊迎えから始まります。お精霊迎えとは8月の8日から10日ごろに千本ゑんま堂に行って、鐘を三回つき、ご先祖様に「どうぞ帰ってきてください」と呼びかける行事です。冨田屋では、伝統的な町家でお盆のしつらえを見学していただき、・・・

蔵に残るアンティークきもの展

明治・大正・昭和初期の着物の特別展示。古く続いた『京の町家』。その蔵の中から選り出し展示されたアンティークの着物の数々。格調のある着物、また、歴史が匂う芸術性のある着物と着物ファンならずとも魅力あふれる展覧会です。昔の暮らしも垣間見・・・

京の七夕

2010年から始まった京都の新たな夏の風物詩。全国から寄せられた「願い」を天に届けるとともに、堀川や鴨川を中心に幻想的な光と竹で演出し、伝統ある京都ならではの魅力に触れる。

冨田屋 重陽の節句

9月9日は重陽の節句、別名「菊の節句」と言います。菊酒を飲んで家族の長寿や一家の繁栄を祈る行事です。内容:「町家見学」+「しきたり・重陽の節句のお話」+「お食事」定員:60名(予約は2名以上)

桔梗

廬山寺は紫式部の邸宅が、この寺院内にあったと言われ、白砂を敷き詰め、緑濃い苔を配した「源氏の庭」に紫の桔梗が咲き、紫式部を偲ばせる。

境内一円に植え込まれた萩が咲き始める。

萩まつり

境内には約500株の萩があり、例年この時期から月末にかけて見頃を迎えます。 境内一円に咲く萩の枝には訪れた人々の献句の短冊が吊るされ、本殿では虫籠に鈴虫を入れて神前に奉納し神事が執り行われます。

近隣の観光情報をもっと見る