観光情報Tourist information

  1. トップ
  2. とり貝料理

とり貝料理

とりがいりょうり

 
  • 宮津市

とり貝昼処では、手軽な料金で味わうことができる。日本一の大きさが自慢。肉厚で旨みのつまった「丹後とり貝」は今だけ。(4月下旬~6月下旬まで)
※料金、営業時間等の詳細は「宮津天橋立とり貝昼処」ホームページ(http://torigai.miyazu-et.com)をご確認ください。

開催期間

4月下旬~6月下旬

開催場所住所

京都府宮津市

施設連絡先

TEL: 0772-22-8030

交通機関

◆京都丹後鉄道「宮津」駅、または京都丹後鉄道宮豊線「天橋立」駅下車、各施設へ
◆京都縦貫自動車道綾部宮津道路「宮津天橋立」ICから車で5~10分

Tourism Recommend

文殊堂出船祭

昔、中国から文殊菩薩を招いたときの歓迎行事の継承といわれる伝統行事。19時頃から天橋立運河の万灯に火がともされ、燈籠が流れ、船舞台の上ではドラや太鼓にあわせて龍が乱舞する。舞台の後には花火の打ち上げが行われ、夜空に大輪の花が咲く。智恩・・・

由良ふるさと祭

1日目19時30分から子供灯ろう流し等。2日目14時から中央海水浴場において由良みかん海中つかみ取りが行われる。夕方からは模擬店、ビンゴゲームなどが楽しめる。

千日参り

一日の参拝で千日の御利益が観音様より頂ける日として古来より続いている。祈祷や火わたり修行などが行われる。

宮津盆おどり大会

14日(島崎公園) 19時30分から盆踊り大会15日(本町・駅前通り(予定))、市民総踊り大会(飛び入り歓迎)16日(島崎公園) 花火打ち上げ終了後、盆踊り大会が島崎公園にて行われる。(予定)

宮津燈籠流し花火大会

宮津藩主・京極高広の時代から、盆の精霊流しとして始められたという行事。また、花火は丹後一の花火として名高い。午後7時から海上は精霊船と約1万個の紅白の追っ掛け燈籠で埋め尽くされ、夜空には約3,000発の花火があがる。14日~16日には、宮津盆・・・

天橋立まち灯り(天橋立砂浜ライトアップ)

期間中、19時から22時30分までの間、毎日、天橋立砂浜をライトアップします。砂浜はブルーに浮かび上がり、煌めく水面、天橋立の幻想的な空間が広がります。また、日曜日には「天橋立まち灯りぶらり散策」を開催予定。飲食店などの夜間営業、ライブイ・・・

城下町宮津七万石和火2019

寺町界隈のお寺や通りなど約一万個の手作りのペットボトル灯篭などでライトアップ。お寺ではバンド演奏やダンスなどの催しを開催。また府北部の飲食店等が多数出店する模擬店エリアもあり、多くの人で賑わう。

栗田祭

上司、小寺両地区の若者たちがみこしの先棒争いをする。みこしの先棒争いで豊作豊穣を占う。

赤ちゃん初土俵入り

3才までの男女児なら誰でも参加可。神前でおはらいを受けた後、化粧まわしにはちまき姿の赤ちゃんが行司さんの介添えでしこを踏む。神様と対戦し最後に土俵の砂を赤ちゃんの体に付ける。

近隣の観光情報をもっと見る