観光情報Tourist information

  1. トップ
  2. 京都伏見三十石船運航

京都伏見三十石船運航

  • 伏見区

港町伏見を伝える三十石船。
春と秋に酒蔵と四季折々の表情が美しい水辺を巡ります。
寺田屋浜乗船場から三栖閘門を往復する。所要時間約40分。

開催期間

10. 5(土)~10. 7(月)

開催時間・営業時間

9時35分~15時35分発まで

参加費

大人(中学生以上) 1,200円
小学生 600円
小学生未満 300円

問い合わせ先

十石舟・三十石船乗船受付  
TEL: 075-623-1030

開催場所住所

京都府京都市伏見区南浜町

開催場所地図

交通機関

◆京阪本線「中書島」駅下車、徒歩5分

Tourism Recommend

御香宮神幸祭

「伏見祭」といわれる洛南の大祭。室町時代の風流傘の伝統を今に伝える「花傘祭」ともいわれています。花傘総参宮は10/5と10/12の18時頃から。10/13は早朝より神輿をはじめ、獅子若などの行列が氏子区域を巡行する。

第75回京都大アンティークフェア

全国からの出展数は350店。名実共に規模も大きく、西日本最大の骨董市。

醍醐寺霊宝館秋期特別展

10万点をこえる寺宝・文化財の一部を公開します。

城南祭(餅祭り)

9時より本殿で祭典。正午過ぎより、それぞれ重さ1.5トン近くある3基の豪華な神輿の渡御が始まり、氏子区域を練り歩く。夕刻、堤灯と松明の明かりの中、神社に神輿が還御する様子は壮観である。

京都伏見三十石船運航

港町伏見を伝える三十石船。春と秋に酒蔵と四季折々の表情が美しい水辺を巡ります。寺田屋浜乗船場から三栖閘門を往復する。所要時間約40分。

曲水の宴

14時 神苑楽水苑平安の庭王朝時代を偲ばせる雅やかな行事。平安時代の装束を身につけた男女の歌人が、庭園の流れに沿った座に着き、川上から童子が、鴛鴦の姿をかたどった「羽觴」の背に朱塗りの盃をのせて流す。歌人は当日の歌題にあわせて和歌を詠・・・

火焚祭

全国から奉納された火焚串10数万本を焚き上げる火焚神事が行われます。(14時~祭場)また、夕刻より本殿前で御神楽の奉納があります。

紅葉

山頂から少しずつ色づき始める醍醐山。弁天堂周辺や、秀吉の基本設計といわれる三宝院庭園の紅葉は必見。

紅葉

神苑では秋の七草をはじめ、秋野の風情が楽しめるほか、全域にもみじが植栽され、紅葉も美しい。

近隣の観光情報をもっと見る