観光情報Tourist information

  1. トップ

該当する観光イベントはございません。

Tourism Recommend

大福梅の授与

6月に境内で収穫し土用干しした梅の実がこの日から正月の「大福梅」として参拝者に授与(有料)されます。新年の祝膳に欠かせぬ縁起物として、多くの方が授かりに参詣されます。

事始め

12月13日に正月の準備を始め、お世話になった方へ挨拶に行く風習です。なかでも祇園のものがよく知られており、芸妓さんや舞妓さんが鏡餅を持って師匠のところへ挨拶に行く姿が見られます。

終い猿丸

こぶとりの神様としてできものなどに霊験ありとされ、京阪神など遠方からの参拝も多い。

京都・嵐山花灯路-2019

嵯峨・嵐山地域の自然、水辺空間、竹林や歴史的文化遺産、景観などを「灯り」と「花」で演出します。渡月橋周辺、竹林の小径、周辺寺院、神社、文化施設がライトアップされ、特別拝観等のイベントが行われます。※雨天決行

空也踊躍(ゆやく)念仏(かくれ念仏)

※31日は非公開京に疫病が流行したとき、空也上人が救済を願って始めた念仏だと言われています。日暮れ時の16時頃に約30分間念仏が行われます。

義士会法要

大石良雄が仇討ち祈願をした身代わり不動明王があり、四十七士の木像が安置。法要後、舞妓さんによる献茶式が行われ、参拝者にはお茶席・討ち入りそばのお供養がある。

山科義士まつり

大石内蔵助をはじめ四十七士の義士を偲ぶお祭り。

御身拭式

毎月行っている午後からの写経会大殿法要の前に行われる。念仏の声が堂内に響き渡る中、清められた布にて法然上人の御影像に溜まった一年分の埃を拭う。 

写経会

毎月15日に行われる。(8月のみ25日)午前中に一枚起請文の写経と法話。午後からの大殿法要中に大念珠繰り有り。

近隣の観光情報をもっと見る