観光情報Tourist information

  1. トップ

  • 京田辺市

淡いピンクの花が明け方に開花する。
自由に見学できる。

開催期間

7月中旬

問い合わせ先

京田辺市駅ナカ案内所  
TEL: 0774-68-2810

開催場所住所

京都府京田辺市興戸宮ノ前100

開催場所地図

交通機関

◆近鉄京都線「興戸」駅下車、徒歩30分
◆JR学研都市線「同志社前」駅下車、徒歩30分

Tourism Recommend

ずいきみこし

二年に一度、秋の収穫を祝って繰り出すおみこし。ズイキやナスなどの野菜や穀物を飾りに使った、色鮮やかな姿がとても印象的。同時にこどもみこしも巡行される。

大住隼人舞

古代装束に身をかためた舞人が打楽器のリズムに合わせて奉納する舞は市の無形民俗文化財に指定されている。大和時代にこの大住に移り住んだ九州大隅隼人が宮中で舞ったと伝えられている。

一休さんウォーク

同市内の名所を巡りながら自然を満喫できる。

紅葉

奈良時代に天武天皇の勅願により創建されました。本尊は、国宝に指定されている十一面観音立像で、天平文化の華やかさを今に伝える柔和な表情が特徴です。春は、菜の花と桜が参道に広がり、秋は紅葉の名所となります。紅葉はイロハモミジやノムラモミ・・・

紅葉

入口から紅葉が迎える。青い苔に紅葉が映える。幾何学模様の御影石の石畳に紅葉がこぼれるように紅く染まる。

京田辺市産業祭

京田辺の産業や、農業の紹介と農産物・加工品品評会及び展示販売。消費生活展も同時開催。

新春甘南備山初登り

JR京田辺駅前から約1時間の道のりを甘南備山山頂をめざし歩く。

おんごろどん

古くから伝わる農耕神事の民俗行事。10人余の子供たちが、ワラをシンにしてナワを巻き固めたワラ棒をもって、地面をたたき「おんごろどん」と唱えながら、一軒一軒を回る。500年程前から伝わり、モグラを屋敷から追い出す奇習。

一休善哉の日

「善哉」の名付け親である一休禅師にちなんで一年の誓いを絵馬に書き込む。当日はお善哉がふるまわれる。

近隣の観光情報をもっと見る