観光情報Tourist information

  1. トップ

  • 京田辺市

淡いピンクの花が明け方に開花する。
自由に見学できる。

開催期間

7月中旬

問い合わせ先

京田辺市駅ナカ案内所  
TEL: 0774-68-2810

開催場所住所

京都府京田辺市三山木垣ノ内61

開催場所地図

交通機関

◆JR学研都市線「同志社前」駅下車すぐ
◆近鉄京都線「興戸」駅下車、徒歩2分

Tourism Recommend

一休さんウォーク

同市内の名所を巡りながら自然を満喫できる。

紅葉

奈良時代に天武天皇の勅願により創建されました。本尊は、国宝に指定されている十一面観音立像で、天平文化の華やかさを今に伝える柔和な表情が特徴です。春は、菜の花と桜が参道に広がり、秋は紅葉の名所となります。紅葉はイロハモミジやノムラモミ・・・

紅葉

入口から紅葉が迎える。青い苔に紅葉が映える。幾何学模様の御影石の石畳に紅葉がこぼれるように紅く染まる。

京田辺市産業祭

京田辺の産業や、農業の紹介と農産物・加工品品評会及び展示販売。消費生活展も同時開催。

新春甘南備山初登り

JR京田辺駅前から約1時間の道のりを甘南備山山頂をめざし歩く。

おんごろどん

古くから伝わる農耕神事の民俗行事。10人余の子供たちが、ワラをシンにしてナワを巻き固めたワラ棒をもって、地面をたたき「おんごろどん」と唱えながら、一軒一軒を回る。500年程前から伝わり、モグラを屋敷から追い出す奇習。

一休善哉の日

「善哉」の名付け親である一休禅師にちなんで一年の誓いを絵馬に書き込む。当日はお善哉がふるまわれる。

竹送り

観音寺付近の竹林で切りだした竹を運び、道中、家内安全を祈願して大御堂で山城松明講の文字を竹に入れ、奈良坂から肩にかついで、東大寺まで運ぶ。奈良東大寺二月堂のお水取りで使用する籠松明の真竹を寄進する行事で、昭和53年に復活した。

一休寺涅槃会

とんちで有名な一休さんの酬恩庵一休寺。南北朝・室町・江戸時代制作の計3幅の涅槃図が保存されています。方丈に揚げておまつりし、公開されます。

近隣の観光情報をもっと見る