1. Home
  2. 新着情報
  3. 福知山城・郷土資料館 特別展 「明智光秀と細川幽斎 -盟友 光秀と幽斎、その出会いと決別-」
福知山市

福知山城・郷土資料館 特別展 「明智光秀と細川幽斎 -盟友 光秀と幽斎、その出会いと決別-」

2014年8月1日

福知山城・郷土資料館では、7月19日(土)から9月1日(月)まで特別展「明智光秀と細川幽斎 -盟友 光秀と幽斎、その出会いと決別-」を開催しています。

 

1 期間
7月19日(土)~9月1日(月)

 

2 場所
福知山城内 福知山市郷土資料館 1階展示室
〒620-0035 福知山市字内記5番地(内記一丁目)
TEL兼FAX 23-9564
開館時間 午前9時から午後5時まで

(ただし入館は午後4時30分まで)    
休館日 火曜日(祝日の場合は、その翌日)

 

3 入館料
大人320円、子ども(小・中学生)100円
※美術館との共通券も販売しています。

 

4 内容
織田信長配下の武将として数々の戦を共にした明智光秀と細川幽斎。
ともに室町幕府最後の将軍足利義昭に仕えながらも、やがて信長による天下

統一の野望を担って活躍し、天正3年(1575年)から同8年にかけては丹波・

丹後を苦難の末に平定した。
その勲功により光秀は丹波を、一方幽斎は丹後の領主としてこの地の歴史に

名を残すこととなった。その間、信長の仲介によって、光秀の娘・玉(後のガラ

シャ)が幽斎の息子・忠興に嫁いだことにより、縁戚関係になった光秀と幽斎

は、深い信頼を寄せる間柄であった。少なくとも、光秀が京都本能寺で信長

に反旗を翻す天正10年6月2日までは。
今回の展示では、ともに戦国の乱世を生き、織田信長という新しい主君のもと

に身を投じた二人の卓越した武将・文化人が大きな歴史のうねりの中でつい

          には袂を分かってしまうその道のりを辿る。

 

5 問い合わせ
地域振興部まちづくり推進課 TEL24-7033(直通)

  • 前のページに戻る

イベントカレンダー

2017 -1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 丹後
  • 丹波
  • 京都市
  • 山城

観光情報

  • みる
  • 食べる
  • 体験
  • 泊まる
  • 買う
  • お役立ち

観光情報を検索する

  • 交通アクセス・地図
  • 有料販売物のご紹介
  • パンフレットダウンロード
  • 京都府観光連盟 連盟会員のご紹介