1. Home
  2. 新着情報
  3. 伝統の火祭り「松上げ」特集

伝統の火祭り「松上げ」特集

2016年7月28日

南丹市美山町 【森の京都】

≫あげ松(松あげ) 8月24日

山里の夜空を焦がす幻想的な火祭り

町内4地区(盛郷・川合・殿・芦生)に伝承される火祭りで、川べり一帯に点された松明を、高さ20mを超える灯篭に放ち点火させ、農作物の豊かな実りへの感謝と火の神「愛宕神社」へ火魔封じを願い、献燈されるのものです。 芦生では松上げと呼ばれます。

 

南丹市日吉町 【森の京都】

≫牧山の松明 8月24日

観音さんのお燈明から移された火で大小三種類の松明が夏の夜空に燃え続ける。

仏の供養ということで観音さんの前で送り火をする。大松明三本は三株ある株(同族組織)のカブガシラを献じたもので、他に添松明、小松明が灯される。松明がよく燃える年は、豊作になると言われている。

 

右京区京北 【森の京都】

黒田の上げ松 8月15日

20時45分から

桂川の上流、旧京北町黒田地区(現 京都市右京区)で、お盆に行われる「黒田納涼まつり」のメインプログラム。祭礼としての上げ松とは異なり、地域活性化の取組として始まり、半世紀近くにわたり今に引き継がれている行事で、黒田地区の夏のにぎわいを創り出している。(黒田納涼祭り 18時45分から)

 

右京区京北 【森の京都】

小塩の上げ松 8月20日

20時頃から

15mの燈篭木の先端に付けた「もじ」と呼ばれるもの(直径2m高さ4m)に松明を放り上げます。

 

北区雲ケ畑

雲ケ畑松上げ 8月24日

20時頃から松明点火

福蔵院境内(出谷町)と高雲寺境内(中畑町)に4m四方ほどの櫓が組まれ、それに点火して盆の精霊送りと同時に火難除けと五穀豊穣を祈願する。点火される櫓には文字が描かれていて点火されるまで秘密にされている。

 

左京区花背

花背松上げ 8月15日

21時頃 松明点火(小雨決行)

河原に立てられた約千本の松明がいっせいに点火され、大笠をとりつけた高さ約20mの檜丸太の頂上に向かってあげ松という小さな松明を次々と投げ上げて火をつけます。愛宕神への火除けの祈願とともに、精霊の送り火となります。

 

左京区久多

久多宮の町松上げ 8月23日

20時~21時

約10mの高さの柱松に手松明を投げ上げます。地元では「チャチャンコ」と称し、地蔵盆の行事として行われます。松上げの準備は22日9時から。当日まで展示されます。

 

左京区広河原

広河原松上げ 8月24日

20時30分頃 松明点火(小雨決行)

愛宕神に火除けの祈願をする行事で、花背八桝町の松上げと同じ大笠に松明を投げ入れる。

 

南丹市美山町(盛郷・川合・殿・芦生)の松上げ

  • 前のページに戻る

イベントカレンダー

2017 -1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • 丹後
  • 丹波
  • 京都市
  • 山城

観光情報

  • みる
  • 食べる
  • 体験
  • 泊まる
  • 買う
  • お役立ち

観光情報を検索する

  • 交通アクセス・地図
  • 有料販売物のご紹介
  • パンフレットダウンロード
  • 京都府観光連盟 連盟会員のご紹介