1. Home
  2. 丹波
  3. 丹波の市町村ご紹介

丹波の市町村ご紹介

  • 福知山市

    平成18年1月1日に、福知山市・三和町・夜久野町・大江町が合併し、新しい福知山市がスタート。福知山市には、古くは古墳時代から人々が住んでいたことが遺跡などから明らかになっていますが、広峯古墳群から出土した盤龍鏡は、当時の大勢力圏の出雲・丹後と畿内の接点に当たる福知山地方が交通・文化などの重要な位置を占めていたことをうかがわせます。織田信長の命で丹波を平定した明智光秀が福知山城を築いて以来、福知山は城下町として栄え、明治末期までに大阪、京都へと鉄道が開通し、商都として発展してきました。府唯一の火山である宝山(田倉山)から流れ出た溶岩によって生まれた広大な夜久野高原、鬼伝説で有名な大江山、千年以上の歴史をもつ大原神社と全国でも珍しい「産屋」など、恵まれた自然環境と独特の風習や文化が残っている地域です。

  • 綾部市

    山陰方面と舞鶴方面の分岐点にあたる府北部の交通の要所、綾部。もと九鬼氏二万石の城下町で、明治以後は生糸産業により発展してきた街です。市名“綾部”も古代からこの地に産出した綾絹(あやきぬ)にちなむといわれています。豊かな自然を生かした、養蚕、綾部茶、黒谷和紙などの伝統産業も受け継がれています。

  • 京丹波町

    京丹波町は、京都府のほぼ中央部にあたる丹波高原の由良川水系上流部に位置し、京都縦貫自動車道やJR山陰本線をはじめ、国道9号、27号、173号などが交わる等交通環境にも恵まれています。琴滝、質志鍾乳洞といった自然の造形物や、古くからの寺社仏閣と「和知人形浄瑠璃」等の郷土芸能といった、自然と伝統文化が息づく町です。

  • 南丹市

    平成18年1月1日に園部町・八木町・日吉町・美山町が合併して誕生した「南丹市」。京都市に隣接し、京都府のほぼ中央を横断するように位置していることから、兵庫県や大阪府、福井県、滋賀県とも隣接しており、京阪神からのアクセスも充実。京都縦貫自動車道やJR嵯峨野線複線電化により、京都市内からさらに近くなりました。かやぶき民家など日本の原風景が今なお残る「美山かやぶきの里」をはじめ、四季折々の美しさをみせる景勝「るり渓」、温泉と憩いの場「スプリングスひよし」、木喰上人の十六羅漢像がユニークな表情で出迎えてくれる「清源寺」などがある、緑豊かな自然に恵まれた地域です。

  • 亀岡市

    明智光秀公の築いた城下町を中心に、豊かな自然が広がる亀岡市。この街の歴史は古く弥生時代にまでさかのぼり、奈良時代には丹波国一宮・国分寺などが置かれていました。ききょうをはじめとするいろいろな花が観光客を楽しませてくれることでも知られており、歴史に育まれた文化遺産と合わせて、四季の移り変わりを堪能することができます。保津川下り、トロッコ列車、湯の花温泉は特に有名で、亀岡市の三大観光とも呼ばれています。

丹波のイベント

丹波の観光情報

  • みる
  • 食べる
  • 体験
  • 泊まる
  • 買う
  • お役立ち

観光情報を検索する

  • 交通アクセス
  • パンフレットダウンロード
  • 京都府観光連盟 連盟会員のご紹介