京都戦乱のきずな―四人の絆を巡る―

目次
トップページ
相関図
ゆかりの地
ゆかりの城・周辺情報

四人の絆を巡る相関図 四人の絆を巡る相関図

四人の絆を巡る相関図 四人の絆を巡る相関図 明智光秀 細川幽斉 細川ガラシャ 細川忠興

玉(玉子、後のガラシャ)・光秀・幽斎(藤孝)・忠興略年譜 玉(玉子、後のガラシャ)・光秀・幽斎(藤孝)・忠興略年譜

和暦
(西暦)
関係事項
天文12
(1543)
明智光秀、熙子と結婚。
永禄6
(1563)
玉、明智光秀の娘として、越前国に生まれる。
元亀2
(1571)
光秀、惟任日向守となり、近江坂本十万石を領有。玉、近江坂本城に移る。
4
(1573)
細川藤孝、桂川西地を「一職」に拝領。
天正3
(1575)
織田信長が光秀に丹波・丹後両国の平定を命じる。
6
(1578)
玉、信長の命により、勝龍寺城主細川藤孝の長子・忠興に嫁す。
7
(1579)
光秀の義母、人質として殺され、信長との隔絶深まる。玉、長女長を産む。
光秀、丹波・丹後の両国を平定。
8
(1580)
玉、長男熊千代(忠隆)を産む。信長は光秀に丹波、細川藤孝・忠興に丹後を与える。
8月2日藤孝父子、勝龍寺城から八幡山城に移る。また宮津に平城を築く。

(1581)
4月12日光秀、茶人津田宗及、連歌師里村紹巴等と細川氏の招きで宮津に来る。九世戸天橋立を遊覧。
10
(1582)
6月2日本能寺の変。明智光秀、細川藤孝父子を誘う。6月13日明智光秀死去。ついで明智一族、坂本城で滅亡。玉、味土野に幽閉される。
9月8日 細川氏、一色五郎を饗応し、謀殺する。幽斎(藤孝)、舞鶴に田辺城を築く。忠興の側室、おこほを産む。
11
(1583)
玉、味土野で暮らす。清原いと等玉に仕える。玉、次男興秋を産む。
12
(1584)
玉、幽閉をとかれ宮津に戻る。のち大坂玉造の細川邸に移る。
14
(1586)
玉、三男忠利を産む。
15
(1587)
4月忠興等、秀吉の命により九州の島津氏討伐に向う。
忠興不在中に玉入信し、ガラシャの霊名をもらう。
16
(1588)
ガラシャ(玉)、二女多羅を産む。
慶長3
(1598)
ガラシャ、三女まんを産む。
5
(1600)
6月27日忠興、徳川家康配下として上杉景勝討伐のため、宮津から関東に出立。
7月17日ガラシャ、石田三成から人質になるよう求められたが拒否し、大坂屋敷で自刃(38歳)。
7月20日幽斎、宮津城を自焼し、田辺城に籠城。9月幽斎、田辺城開城。
9月15日忠興、関ヶ原合戦に出陣。
10月忠興、建仁寺でガラシャの侍女と対面。ガラシャの最後の様子を知る。
正保2
(1646)
12月細川忠興、死去(83歳)。

※参考文献 田端泰子(2010)ミネルヴァ日本評伝選 細川ガラシャ-散りぬべき時知りてこそ- ミネルヴァ書房

↑ページトップへ戻る

公益社団法人 京都府観光連盟

〒602-8054
京都市上京区西洞院通下立売上る
府庁西別館1階
TEL:075-411-9990
FAX:075-411-9993

このサイトは、Internet Explorer9以上のプラウザにて正常な表示および動作を確認しており、FireFox、GoogleChrome、Safariでは最新バージョンでの閲覧を推奨いたします。上記以外のブラウザならびに旧バージョンのブラウザにおいては、正常に表示および動作しない場合がありますので、ご利用の際はご留意願います。