京都発信-北条義時の生きた時代

矢

2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に描かれる時代は、
京都の朝廷から鎌倉の武家へと、日本の支配構造ががらりと変わりゆく大転換期でした。
伊豆の小さな領主の家に生まれた北条義時も、時代の地殻変動に巻き込まれ、
ついには朝廷と対立する武士のトップにのしあがります。
公家から武家へ──その時代の軋みは〈京都〉という舞台を抜きにしては語れません。
北条義時の生きた動乱の世を、京都からの視点で全4回にわたってご紹介します。

第1回 戦場か、極楽か ─宇治のものがたり
公開中
第1回
戦場か、極楽か ─宇治のものがたり
  • 眠りこける皇子
  • ここは戦場か、極楽か
  • 水底の首、主なき笛
【終了しました】
現地講座「北条義時の時代の京都をめぐる 宇治篇」

第2回 二人の白拍子 ─動乱の世に響く歌声
公開中
第2回
二人の白拍子 ─動乱の世に響く歌声
  • 義経、駆け抜ける
  • 中世のアイドル、白拍子
  • 海鳴りがきこえる
【終了しました】
現地講座「北条義時の時代の京都をめぐる 奥嵯峨篇」


COMING SOON
COMING SOON
第4回 ~10月公開予定~
現地講座も開催予定です

メイン写真:石清水八幡宮

京都府観光連盟 公式サイト